循環器 内科 鹿児島 山口浩士

院長挨拶・基本理念

院長挨拶・基本理念

画像の説明  院長 山口 浩士

鹿児島県立鶴丸高校、熊本大学医学部を卒業し、30年前小倉記念病院延吉正清先生に師事し、心臓カテーテル検査を学びました。以後これまで1万例のPCIを手掛け、循環器医療の最前線で働いて参りました。特に長きにわたり、天陽会中央病院においては温かいご指導とご厚情を賜り心より厚くお礼申し上げます。

これもひとえに支えていただいた第一内科の先生方、研修させていただいた天陽会中央病院理事長厚地良彦先生には深く感謝申し上げます。さて、このたび開業する運びとなりました。基本理念にもありますように循環器内科の中でも特に虚血性心疾患を専門としており、開業後もこの分野に積極的に取り組み、専門性を追求しつつ、病診連携および時代に即したプライマリ・レスキューを基本理念に地域医療に貢献して参る所存です。

 地域の皆様に愛され、信頼される医療ができるよう、スタッフ一同思いを一つにして日々取り組んでいきたいと思っております。これから超高齢化、高齢者人口の増多が予想され、今後十分な医療および介護がなされるのか不安な状況です。プライマリ・ケアがさらに重要視される時代と考えます。早期診断、早期治療および中核病院との連携が極めて重要になります。また、これからの高齢化社会に対し、積極的に在宅医療にも取り組みたいと考えております。

どうぞお気軽にいつでもご相談ください。

プロフィール

・山口浩士クリニック院長
・日本循環器学会認定循環器専門医
・日本心血管インターベンション 治療学会評議員
 指導医
・日本カテーテル治療学会評議員、指導医
・日本内科学会認定内科医
・日本心臓病学会
・アメリカ心臓病学会 正会員(FACC)
・アメリカ心臓協会 正会員(FAHA)

昭和54年 熊本大学医学部卒業
昭和57年 小倉記念病院循環器科へ 国内留学
昭和60年 鹿児島大学医学部 第一内科入局
平成 7年 社団法人南風病院 循環器科部長として勤務
平成15年 米国スタンフォード大学 病院心血管 インターベーション部門に留学
平成16年 帰国、南風病院循環器科部長として勤務
平成18年 医療法人天陽会中央病院 循環器科部長として勤務
平成26年 山口浩士クリニック 開院

理念

地域に根付いた、信頼される医療を提供する。循環器内科の中でも特に虚血性心疾患を専門としており、この分野に積極的に取り組み速やかな病診連携およびプライマリー・レスキューを基本理念に地域医療に貢献する。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional